パブリックドメインの地図

著作権にとらわれないで使用できる、パブリックドメインの地図についてメモ書きしています。

目次

パブリックドメインとは

パブリックドメイン(Public domain)とは制作者の著作権に配慮することなく、自由に利用できる社会の共有財産のことです。その多くは著作権や商標権が消滅あるいは放棄された結果としてパブリックドメインになったもので、その対象は文学作品、音楽作品、キャラクター、ソフトウェアなど多岐に渡っています。

この概念は欧米で生まれたものですが、日本では法律上著作権を放棄することが出来ないため、パブリックドメインが日本で成立し得るかどうかは議論の余地があるそうです。このページでは成立するものとして話を進めていきます。

パブリックドメインの地図

あるとき、ある会社のサイト 用に日本地図を用いたグラフィックを作る機会があったのですが、このとき、当然のごとくパブリックドメインの日本地図を利用しようと考えました。イメージや空想で地図を描くわけにはいかず、かといって、わざわざ素材集などを買う気も起きなかったためです。また、創作性のある地図ならともかく、色もついてなければ付随的な文章もデータも何もない白地図であれば、パブリックドメインとして必ず入手できるはずだという考えもありました。

著作権的な観点から言うと、白地図は「地理的事実のみが描かれており、制作者の創作性はない」といった理由で著作物にはなり得ず、したがって誰もが入手可能な社会的共有財産であるはずです。このような考えがあったものですからパブリックドメインの日本地図は容易に見つかると思われました。ですが、何度も何度も検索にかけてもなかなか見つかりません。

そのうち、いくつかウェブページから日本地図に関する情報、あるいは日本地図そのものを入手することができました。ですがそれらのほとんどは地図の著作権を放棄しておらず、データの改変や再配布、商業利用においても制限がかけられています。

米国ではパブリックドメインが普及しており、ウェブサイトなどで情報発信したい個人はそのデータを利用することでより豊かな情報発信ができるようになっています。日本でもそのような動きが高まれば、と切に思います。

日本白地図データのダウンロード

検索による調査の後、いくつかある地図データのなかからひとつ選び、それをもとにトレース作業を行なってグラフィックを制作しました。調査・制作しながら気づいたのは、日本地図データはパブリックドメインではないものの、いくつかあって利用可能なのですが、そのほとんどが「.jpg(JPEG形式)」「.gif(GIF形式)」「.psd(Photoshop形式)」といった形式(いわゆる「ビットマップ方式」)となっていて、日本大陸の線情報(専門用語でいうベジェ曲線の情報)を記録した(いわゆる「ベクター方式」の)画像ファイルが全くないということでした。

JPEG、GIFなどのビットマップ方式の画像はお手軽ではあるものの、利用に限界があります。やはり本格的なグラフィック作成には線情報を持ったベクター方式の画像が必須です。しかし、インターネット上のどこを探してもベクター方式の日本地図は見つかりませんでした。

僕も困ったのだから、他の人も困っているに違いない…ということで今回の制作の過程で作られたベクター方式の地図画像ファイルを公開し、どなたにでも利用できるようにしたいと思います。

[ 日本白地図のサンプル(このサンプルも利用可) ]公開するのは右図のような日本白地図です(このサンプルも利用可)。次の節に掲載したリソースの中から「地図を描く!」というサイトの地図データを元に制作しています。「地図を描く!」の管理者は地図データの著作権を保有しているものの(パブリックドメインではないものの)、「地図はご自由にお使いください」としているので、このページで公開する地図データもそれに従います。再配布、改変、商業利用も可能です。ご活用ください。

これほど種類を揃える必要性があるかどうかわからないのですが、とりあえず様々な画像形式のファイルを用意しました。用意した画像形式は以下のとおりです。

Illustrator7.0形式( japan_whitemap.ai )
Adobe Illustrator8.0 で制作し、汎用性の高い(と個人的には思う)7.0形式で保存しています。
PDF 形式( japan_whitemap.pdf )
インターネット上で公開されている製品パンフレットなどで利用されている PDF(Portable Document Format)形式です。ほとんどのコンピュータで読み込み可能で、印刷に向いています。Adobe Illustrator8.0 で制作し、PDF形式で出力しています。
PNG 形式( japan_whitemap.png )
GIF に代わる画像フォーマットといわれている PNG(Portable Network Graphics)形式です。Adobe Illustrator で制作したファイルを Macromedia Fireworks3 で読み込み、PNG 形式で保存したものです。Fireworks で扱えるベジェ曲線情報もそのまま保存しています。
SVG 形式( japan_whitemap.svg )
次世代のインターネット用画像フォーマットと呼ばれる SVG(Scalable Vector Graphic)形式です。Adobe Illustrator で制作したファイルを Mayura Draw という画像ソフトで読み込み、SVG 形式で出力しています。

以上 4 形式の画像をひとつの圧縮ファイルにまとめています。

圧縮ファイルも 2 形式用意しています。以下のとおりです。リンク先には圧縮ファイルを指定していますので、ご利用になる場合は「対象をファイルに保存」などのメニューコマンドでダウンロードしてください。

日本地図関連のリソース集

日本地図関連のキーワードで調べた検索結果をリソース集としてまとめておきます。これらリンク先からはなんらかの日本地図データ・日本地図情報が得られますが、その多くは著作権を放棄しておらず、利用に関しての制限がかけられています。したがってウェブページからデータを利用するときは個々の利用条件によく目を通すようにしてください。

The University of Texas Library Online
英語によるページですが、実に多くの国や都市・地域の地図を入手することが出来ます。その多くはパブリックドメインです。
地図/衛星写真リンク集
タイトルの通り、リンク集です。リンク先の多くが現状では機能していないのが残念です。
白い地図工房
要著作権表示。素材提供元へのリンクの義務有り。
地図を描く!
地図生成システムを直接利用する営利以外の目的ならば自由に使えるそうです。僕はここの地図データを使用しました。
chiri.com フリー地図素材集
Photoshop用フォーマット、GIFフォーマットとして入手できます。大小さまざまなサイズがあるようです。「Webページ制作の素材として、あるいは無償で配布する印刷物の制作に利用する場合に限って、無料でご使用いただけます」(サイトより引用)とのことです。
ホームページ素材
「アイコン」というコーナーから日本地図データを入手できます。「営利を伴わないホームページ制作においては無料でお使いいただけます」(サイトより引用)とのことです。
国土地理院
詳細は未調査ですが、この行政組織が制作した白地図が書店にて売られているようです。例えばこんな感じです。行政組織こそパブリックドメインの地図を提供すべきだと思うのですが…。

[ Valid XHTML 1.0! ] Copyright © Yuki SHIMAZU. All rights reserved.
Welcome to your feedback.
Last updated: 2002/08/30 12:28
Created: 2002/08/22 01:13